FANDOM


ArchmageHigh Elf The Shining Guardcareerです。アヴェロンの東南、夢幻の海の海岸には、魔術の国サーフェリィが広がっている。サーフェリィの中心となるのがホエスの塔、知恵の神の聖堂である。ここは世界最大の魔法の知識の宝庫で、幾世紀にもわたってハイエルフのメイジや学者が資料を集めており、今日なお多くの者が献身的に魔法の知識の収集を続けている。学者たちのなかでも特に強力なものはアークメイジとして知られている。アークメイジはすべての魔力の風を操り、至高魔術とし知られる強力な魔法つむぐことができる。

キャリア概要編集

下劣な種族は魔法を、腐敗し、損傷した形態でしか学ぶことはできないが、我らのメイジ(魔術師)なら、純粋な神秘のエネルギーとして魔法を利用できる。偉大なテクリス師が人間に教えた我らにとって下級の魔法など、白い塔で完全な魔術の訓練を受けたアシュールの用いる魔法にくられべば、ぼやけた影に過ぎぬよ

- "すべてを知るもの"ヘイドレル、白い塔のアークメイジ

ホエスの"すべてを知るもの"(ロアマスター)は、幾百年に及ぶ研究の賜物として魔力の風を優雅かつ精妙に操ることができます。アークメイジは引き出した魔力を無駄にするどころか、魔法を唱える度に神秘のエネルギーを少しずつ蓄え、効率的に魔力の風をつむぎ破壊的な呪文とするのです。アークメイジはこのようにして蓄えた魔力を用い、至高魔術の呪文のなかでも最高難度の魔法をつむぎ、その威力は瀕死の重傷を負った戦士でさえ元気を取り戻し、傷ひとつない姿に戻るほどの強力さです。

アークメイジの特徴編集

アークメイジは強力な術者で、攻守ともに長けています。とはいえ、操る魔法のバランスをとるように努力しなければなりません。強力な回復や攻撃の魔法ばかり使っていては、いざというときに疲労から仲間を助けることができません。しかし注意深く決定的な場面で魔力を用いれば、並みのメイジでは力を使い尽くしてしまうようなときでも、仲間を助けられるだけの魔力がアークメイジにはあるのです。

ハイエルフは真正の至高魔術の奥深さ、緻密さを把握できる唯一の生命ある存在です。全種類の魔力の風の本質を理解することによって、アークメイジは破壊を目的とする呪文の力をそのまま有益な魔法へと変換することができます。このように、力の差引勘定を無駄なく行えることで、ヒール能力のコストの高さが相対的に抑えられるのです。

Mastery編集

Path of Isha イスハの道 編集

"イスハの道(Path of Isha)"はアークメイジの仲間の健康と生命力を回復させることに特化しています。この道に熟練したものは、攻撃魔法と回復魔法を織り交ぜて用いることに長け、支援魔法の効率がとても良くなります。

Path of Asuryan アシュリアンの道 編集

"アシュリアンの道(Path of Asuryan)"は、魔力の風の破壊的な側面を引き出すことに主眼をおいています。この道に通じるアークメイジは敵に災厄を降り注がせることを得意とし、同時に魔力の流れを操って回復魔法の力を蓄えることにも長けています。

Path of Vaul ヴァールの道編集

"ヴァールの道(Path of Vaul)"は、敵から力を奪うことで仲間を強化することを主眼とする、巧妙なマスタリーです。この道の専門家は、狡猾な効果で敵を不可避の滅びへと導きます。敵が気づいた時にはもう手遅れなのです。

Actions Tactics Morale 編集


Archmage concept art.jpg

Archmage concept art.

Archmage concept art2.jpg

Archmage concept art2.


Army icon h-elf.gif Shining Guard career options
Archmage Shadow Warrior Swordmaster White Lion

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki