FANDOM


ほとんどの帝国騎士団は、「身命を賭して御国とその臣民を守る」誓いを立てているものの、時に彼らは、帝国から遠く離れた戦場へと出 征せいすることがある。アラビィの首領ジャッファーがエスタリアを侵略した時、時のブレトニア国王“公正王”ルイは王国の騎士をたばね、エスタリア解放に向けて軍を進めた。この時ルイ王は「仕える君主は違えども、名誉の道に生きる武人は必ずや我が呼び声に応えるであろう」と呼びかけた。これを聞いてなお、黙っているような騎士団長はいるはずもない。彼らは騎士たちを集め、内戦に明け暮れるエンパイアを尻目に、名誉と誇りをかけた聖戦で自らを証明しようと名乗りをあげた。この十字軍遠征は厳しい戦いであったが、騎士たちはエスタリア解放を実現する。のみならず、騎士たちはそのままアラビィ本土へと進出した。名誉という名の熱狂と宗教的情熱にかられた騎士たちは、ジャッファーの堕落した宮殿を破壊し、図書館におさめられた数千の書物を焼き払い、異教の神像をこぞって引き倒したという。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki