Fandom

Warhammer Online

Grand Marshal

218このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

クルト・ヘルボルグ。帝国近衛騎士団レイクスガード・ナイトを束ねる帝国大元帥レイクスマーシャルであり、皇帝カール・フランツがもっとも信を置く将の一人でもある。力強い偉い丈夫である彼の姿は、誰もが思い描く理想の英雄的騎士像といえよう。

まるで鏡のように磨き上げられた輝かしい鎧と剣をまとい、何者にも打ち砕けない強き心を宿すクルト・ヘルボルグ。帝国近衛騎士団レイクスガード・ナイトの長でもある彼がまたがる大馬は、皇帝の厩で飼われる駿馬の中でも、最上級のもの同士をかけあわせて生まれたものだという。この屈強な灰色毛並みの大馬を駆り、クルトは戦場へとおもむくのだ。

また、クルト・ヘルボルグは、オールドワールドに並ぶ者なしとうたわれる、当代きっての名剣士である。彼に対して熱い競争心を燃やす者など、皇帝陛下の筆頭剣士であるルートヴィヒ・シュワルツヘルムをのぞけば、他に誰一人として存在しないだろう。この二剣士は、「貴様 と我輩と、どちらが帝国一の勇猛さを誇る武人か、今日こそはっきりさせてくれるわ」とばかりに、ことあるごとに戦場で互いの剛勇ぶりを競い合っている。これまでのところ、両者の勝ち取った誉れはほぼ同等だが、頭一つ分だけクルト・ヘルボルグが抜きん出ているようだ。

だがもちろん、シュワルツヘルムが猛烈な追い上げを見せていることも事実だ。帝国大元帥レイクスマーシャルとして、クルト・ヘルボルグは帝国軍の最高指揮権限を持つ。彼よりも上位の指揮官は、皇帝その人をおいて他にないのだ。生涯の大部分を戦場で過ごしてきたクルトは、まぎれもなく、オールドワールドでもっとも経験豊かな将の一人であろう。帝国軍と帝国近衛騎士団レイクスガード・ナイトを率い、彼はオールドワールド中を転戦している。昼なお暗きエンパイアの森から、キスレヴの凍てつく荒れ地、果てはアラビィに広がる熱砂の海まで、彼の活躍した戦場はとどまるところを知らない。

一人の将として、彼に比肩する者などほとんど存在しないだろう。騎士のみからなる帝国軍が、板金鎧と馬上槍の穂先を輝かせながら、稲妻のごとく敵陣へと駆けるとき、クルト・ヘルボルグの姿が必ずそこにある。勇猛無比な武人でもあるクルトは、戦いがもっとも激しいとこ ろへと斬り込み、ルーンファングをふるって敵を次々に屠(ほふ)りゆくのだ。むろん、そこには一片の慈悲もない。

クルト・ヘルボルグは、きわめて高い【接】を持つ強力な剣士だ。他アーミーの『ロード』と比べても、彼の強さはきわだっている。クルト・ヘルボルグが帝国近衛騎士団とともに先陣をきって進めば、敵軍には強烈な裁きの鉄鎚が振り下ろされることになるだろう!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki