Fandom

Warhammer Online

Slayer

218このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

SlayerDwarf The Oathbearerscareerです。新たなる脅威に対抗すべく、ドワーフたちはカラク=カドリン(Karak Kadrin)の"鉄拳王"ウングリムに面会を請い、スレイヤー(Slayer)たちにこの戦いに加わるよう呼びかけてもらえないかと頼み込んだ。スレイヤーは死を運命づけられたドワーフで、高貴なるオーダー軍においてもっとも危険な戦士団である。なにせ、彼らは死をまったく恐れないのだ。事実、スレイヤーは死を追い求めている。彼らの失った名誉は、死をもってするほかに回復させる手段がないからだ。スレイヤーの戦いぶりは凶猛このうえなく、その戦いぶりにふさわしい印象的な姿をしている。全身に施した儀式的なタトゥーと、誇らしげなオレンジのモヒカンを見れば、戦場で見誤ることはない。スレイヤーが戦いを始めたところには、虐殺がついて回る。

キャリア概要編集

ケダモノを屠るのは立派な業績だ、その道半ばで死ぬのは“栄光の最期”だ!

- “砕かれた鎚”ダヴィク、スレイヤー

スレイヤーは生涯、己の不名誉や喪失への怒りを一時も忘れることなく抱き続けます。敵との戦いがつづくうちにスレイヤーは刻一刻と怒りを募らせていきます。そして一方、死による贖罪を己にもたらすほどには強くない敵への、猛烈な憤りと悲しみに包まれます。この怒りが恐るべき憤激へと高まり、さらにいっそう強まっていくうちにスレイヤーはますます危険な存在となっていくのです。最終的に、彼らの怒りが肉体に与える負荷は限界に達し、その体力はひどく脆弱化することになります。

スレイヤーの特徴編集

スレイヤーは荒々しい攻撃の専門家です。怒りが高まるにつれて、その攻撃力はますます強まっていきますが、最終的には疲労のツケを払うことになり、打たれ弱くなっていきます。自らの消耗をまねく強力な攻撃を繰り出すことで、その怒りを一時的に弱めることはできますが、スレイヤーの怒りが完全に静まることは決してありません。その怒りはすぐにまた燃えさかっていくのです。スレイヤーをプレイするならば、究極的には次の選択を迫られることになるでしょう。ひとつは怒りが身を焦がし尽くすに任せて猛烈な怒りを内に留め続けていく戦い方。もうひとつは、頻繁に怒りを消費するかわりに、猛烈な怒りの力には頼らずに済ませる戦い方です。あるいはそのふたつの中庸を注意深く保つやり方もあるでしょう。どのような戦い方を選ぶにせよ、あらゆるスレイヤーが戦場における恐るべき攻撃戦力なのであります。


Actions Tactics Morale 編集

Slayer concept art.jpg

Slayer concept art.

ファイル:Slayer's WarAxe.jpg


Army icon dwarf.gif The Oathbearers career options
Engineer Slayer Ironbreaker Runepriest

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki