FANDOM


Sorceress / SorcererDark Elfarmy of House Uthorinの魔法の使い手であり、ranged DPSに分類される。ソーサレスは魔力の風を捻じ曲げ利用する「ダハール」(Dhar )もしくは暗黒魔術の強力な使い手で、そこから繰り出される呪文はとてつもない破壊力をもたらす。しかし混沌の力に惹きつけられ、ソーサレスの意志にわずかな揺らぎでも生じれば、この不安定な暗黒魔術のパワーはソーサレス自身に跳ね返り大きな代償をもたらすのである。戦闘メカニズムはOrderのBright Wizardと対になっている。


キャリア概要編集

“ソーサレスは知識を求めて渾沌の領域(レルム・オブ・ケイオス)にある暗き小道を辿り、わだつみの底深き奈落へと潜り、燃え盛る火山の奥深くまでも探索せねばならぬ。生(き)の渾沌の風と交わり、その力を掴み取ることでソーサレスは力を得るなり。渾沌の諸地獄界の化け物さえもが、いずれソーサレスにひれ伏すこととなるであろう。渾沌の魔力は絶大にして危険であり、「暗黒の修道女」たらんとするものは勇敢にして強くあらねばならぬ。”

- 「秘密の書」 第六篇より クラ・カロンドのカラドホトイル著す

Dark Elvesが見せる冷酷さや残忍性から、彼らが無知な未開人だと思い込みがちであるが、それは事実とは程遠い。その端的な例がソーサレスであり、彼女らは極めて博識かつ知的であると同時に、同じくらい暴力的で破壊的なドゥライチ(ダークエルフ)特有の本能を併せ持つ。熟練したドワーフ(Dwarf)石工の"のみ"の扱いのごとく、苦もなく暗黒魔術を操るソーサレスのダークエルフ社会における身分は高く、力も強大なものである。ソーサレス達は平時はナーガロスの最北、「さいはての塔」グロゥンドの「暗黒の修道院」で暮らし、渾沌の領域(レルム・オブ・ケイオス)を間断なく監視し続けているが、戦時となると、王により召集され、その手の一振りで敵軍の戦士たちを萎びさせ、その魂を焼き焦がし、その頭上に破滅と呪いを降り下ろす。


Warhammer Loreではソーサラー(かの魔虐の王メルキスは別として)は法的にナーガロスから追放され、ソーサレス達の修道院により狩り出され処刑される。 これはハイエルフのメイジ、カレドール・ドラゴンテイマー(Caledor Dragontamer)の“失意の予言” 通り、初代不死鳥王アナリオン(Aenarion)が<神屠り>カインの剣(Sword of Khaine)を黒き祭壇から引き抜いた時に始まった恐るべき呪いに起因するものだが、Age of Reckoning においては、メルキスはウルサーン(Ulthuan)侵攻軍に参加する限り、ソーサラーたちに恩赦を与えると宣言している。


ソーサレスは強力な攻撃型の魔法使いで、苦痛を与える秘術の技について熟知しています。ソーサレスは負の秘法を用いて敵に呪いをかけ、いつまでも続く苦痛を味わわせることができます。さらに魔力の風を操って、強力かつ破壊的な呪文を紡ぎだす能力も持っています。しかしソーサレス最強の能力は、暗黒魔術でしょう。断固たる意志のみで、ソーサレスは周囲の魔力を集め、その呪文の破壊力を高めることができるのです。暗黒魔術で魔力を集めれば集めるほど、より大規模な破壊を引き起こすことができます。とはいえ、大量の魔力を集めると、それをコントロールするのは至難の業です。ソーサレスは意志力をもって常に注意深く自分の呪文のもつ破壊のパワーを操り、その強力なエネルギーをコントロールしなければなりません。コントロールに失敗すれば、魔法の反動を受けることになり、術者はひどく負傷する可能性があります。

戦闘メカニズム編集

ソーサレスは呪文の威力を増幅させるためにダハール(Dhar)の混沌エネルギーを利用します。暗黒魔術の呪文は非常に破壊的であり、一瞬にして広範囲に多大なダメージを与えることができます。闇黒魔術の過剰な使用には大きなコストを必要としますが、呪文を使えば使うほど魔力は高まり、クリティカル・ヒット(critical hit)のチャンスが増加します。しかし魔力の高まりは同時に、コントロールミスによる自爆のリスクをも高めるのです。


Dhar level Critical Chance Critical Damage Backlash
1 - 10 +5% +10% 10%
11 - 30 +10% +20% 20%
31 - 70 +20% +40% 30%
71 - 90 +40% +80% 40%
91 - 100 +50% +100% 50%


Mastery編集

Path of Agony(苦悶の道)編集

"苦悶の道(Path of Agony)"は、可能な限り乱暴かつ直接的な手段で、単体の敵を倒すことに主眼を置いています。苦悶の道には不安定な暗黒魔術の呪文と、より安定した魔法とがほぼ同数存在します。

Path of Calamity(悲運の道)編集

"悲運の道(Path of Calamity)"はずる賢く陰険なソーサレスたちに好まれていて、効果時間の長い魔法を主眼としています。この道に熟達した者は、長期にわたって敵を妨害したりダメージを与えたりすることを好みます。敵がその効果に気づいた時には、すでに息絶えているのです。悲運の道は暗黒魔術のアビリティーは少なめで、破壊力のある安定した魔法のほうを頼りにします。

Path of Destruction(殲滅の道)編集

"殲滅の道(Path of Destruction)"は、敵をひとりひとり倒すのは時間の無駄で、皆殺しにしたほうがいいと信じているソーサレスのための道です。破壊の道に熟練した者は、戦場全体に巨大な闇と死を広げて敵をなぎ倒すべく、危険を承知で数々の暗黒魔術を用いるのです。


Actions Tactics Morale 編集


Sorceress concept.jpg

Concept art of a Dark Elf Sorceress

Dark elf staff.jpg

A Dark Elf staff.


Army icon d-elf.gif House Uthorin career options
Black Guard Disciple of Khaine Sorceress Witch Elf

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki