FANDOM


Witch ElfHouse Uthorinの軽装Melee DPSである。 ウィッチエルフを構成するのは女性のDark Elvesのみである。メカニズム的にオーダーのWitch Hunterが対となる。

キャリア概要編集

“カインの花嫁たるメイヴドに触れようなどと下心を抱くでないぞ。メイヴドの命のすべては殺人の君主に捧げられたるもの、かの君は妬み深き神にして、手ずから選びし乙女らを下々と分かちあうことなど望みたまわぬ”

- ハガニィス太守 ルーエル・ブラックハンド

ドゥライチ(ダークエルフ)が信仰する神々の中ででとりわけ強い存在感を放つのが、<殺人の主>たるカイン神である。ウィッチエルフはカイン教団のハグ・クィーンと呼ばれる女司祭長たちによって束ねられる女戦士である。死と苦痛を司り、血と苦悶にまみれた生贄を求めてやまないカイン神のために、彼女たちは熱狂的な快楽に突き動かされながら、暴虐の儀式をくり返す。戦時にはダークエルフ軍について戦場に出向き、カイン神のおめがねに適おうと躍起になる。彼女らにとって、戦場とはもうひとつのカインの神殿であり、死に逝くものの叫び声は、「血まみれの手を持つ神」への賛美歌なのだ。

戦いの前に、ウィッチエルフたちは毒性の薬草と鮮血を混ぜた秘薬を飲み干し、その肉体を激情と流血の欲望によって満たす。こうなると、もはやウィッチエルフたちの頭に自らの身を守ることなど残っていない。彼女らはろくな防具も身に付けず、猛烈な毒薬を塗りこめた鋭い刃物だけを両手に握り締め、殺人衝動に駆り立てられるがまま戦い続ける。この熱狂的な姿は全ダークエルフの中で最も残忍かつ血に飢えた戦士として恐れられている。

カインの花嫁(ウィッチエルフ)は熱狂的な戦士です。手にした生贄の儀式に使う長いダガーから毒液を滴らせ、信じがたい素早さで戦場を駆け巡り、あとには血と破壊が残されるばかりです。血が散れば散るほどに、戦いの熱気もいや増していくのです。ウィッチエルフの"熱狂(フレンジー)"が増すに従って、戦いにおいて離れ業を繰り広げることが可能となります。血への渇望が絶頂に達したウィッチエルフは、いかに堅牢な守りであろうと貫くことができでしょう。


ウィッチエルフのメカニズム編集

ウィッチエルフはライト・アーマー(軽装の鎧)を身に付け、長い距離を一気に詰められるよう身軽でいます。 武器で打撃を与えるごとに、ウィッチエルフの強烈な血への餓えは高まっていき、それは恐ろしい狂乱のなかで満ち足りるまで続きます。ウィッチエルフはカイン神の祝福を受けた武器を用いて敵を切り裂き、その血を穢すことにより、一時的に攻撃力をさらに増大させられるのです。


Mastery編集

Path of Carnage(修羅の道)編集

"修羅の道(Path of Carnage)"はウィッチエルフの前に立ちふさがるものを素早い直接攻撃で打ち倒すことを旨としています。この道の専門家は巧みに障害を避けて、敵の正面から向かい合います……少なくとも、たった今までは敵の顔面だったものに向き合うのです。

Path of Suffering(苦痛の道)編集

"苦痛の道(Path of Suffering)"は、効果が持続する攻撃に重きを置いていて、この道を修めたものは相手に誤った安心感を与えることに喜びを感じます。最初は、ウィッチエルフの攻撃は危険には思えません。ですが一瞬後には、自分の死が目前に迫っていて、しかも手の施しようがないことに気付くのです。

Path of Treachery(背信の道)編集

"背信の道(Path of Treachery)"は、獲物に忍び寄って、不意打ちを食らわすのを好むウィッチエルフのための道です。この道を修めたものは大規模な乱戦にもっとも適しています。ウィッチエルフは、獲物となる敵が忙しさで無防備なところを攻撃するのです。


Actions Tactics Morale 編集


Witch Elf ss.jpg

An early screenshot of a Witch Elf.

Witch Elf concept art.jpg

Witch Elf concept art.

Witch Elf dagger concept.jpg

A typical Witch Elf dagger.


Army icon d-elf.gif House Uthorin career options
Black Guard Disciple of Khaine Sorceress Witch Elf

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki